脱毛

脱毛、除毛について

*


ミュゼプラチナム

脱毛器

   

脱毛器、この場合は家庭用脱毛器ですね。
種類を分けると、おおまかに3種類のタイプが有ります。

フラッシュ式脱毛器、レーザー式脱毛器、熱処理式脱毛器の3つです。

これの代表的な製品は、フラッシュ式は「ケノン」、レーザー式は「トリア」、熱処理式は、「ノーノーヘア」が挙げられます。

痛みの感じ方は、レーザー式脱毛器 > フラッシュ式脱毛器 > 熱処理式脱毛器。
脱毛効果も、レーザー式脱毛器 > フラッシュ式脱毛器 > 熱処理式脱毛器。
この様な順番になります。

レーザー式が効果が高いけど、痛みも若干強めという具合です。
熱処理式は、熱で毛をカットするだけですので、毛根は処理されません。
ただし、とても小型で、携帯電話くらいのサイズしか無いので、バッグに入れて持ち運ぶのには調度よいです。

レーザー式とフラッシュ式を比較すると

レーザー:照射範囲が小さい。痛み強め。効果は高め。消耗部品無し。
フラッシュ:照射範囲が広い。痛み弱め。効果は中位。消耗部品有り。光エステ機能。
となります。

短時間に広範囲の処理を済ませたいならば「ケノン」が適しています。
消耗部品であるカートリッジの寿命が長く、値段が他社製品と比べて安いという点で、ランニングコストはフラッシュ式の中で最安です。
光エステ機能があるので、それを合わせて考えると、魅力的な商品だと思います。

レーザー式の脱毛器は「トリア」しかありません。
レーザーはフラッシュ式よりも脱毛効果は高いのですが、その特性上広範囲に照射する事ができないため、ピンポイントで処理してゆく感じになります。
消耗部品が無いため、ランニングコストは安いです。
光エステ機能はありませんが、姉妹品にエステ専用の機械があります。

人気の家庭用脱毛器

脱毛器の方式は上では、フラッシュ(光)方式、レーザー方式、熱線方式の三種類を書きましたが、光方式に音波をプラスした複合方式の製品もあります。

ケノン

公式サイトへ>>>

ケノンは脱毛器部門、家電部門、美顔器部門のどのジャンルでも1位を獲得しました。

脱毛器でありながら光美顔器としても使えるというのが人気の秘密です。

性能面では、照射面積の広さ、痛みの少なさ、脱毛スピード
1ショット当たりの単価が最安(0.15円)
という同クラス最高性能です。

ランニングコストが最安ということもあり、家族で使うとか、回数を多く使う、長く使うという方ほどお得になります。

公式サイトはこちら

LAVIE(ラヴィ)

公式サイトへ>>>

ラヴィは家庭用脱毛機としてはサロン並みの性能を誇り、美顔機能も備えているため、ケノンの対抗機種です。

本体の価格は同クラスで最安です。
しかし、ランニングコストは1ショット0.21円とケノンと比べてわずかに高めであるため、僅差で2位です。
30日間返金保証がついています。

公式サイトはこちら

トリア

公式サイトへ>>>

トリアは家庭用脱毛機としては唯一のレーザー脱毛器です。アメリカの安全基準を満たしています。
レーザー方式の脱毛器は、クリニックで使われている方式と同じで、その効果の高さで知られています。

カートリッジの様な消耗部品がないので、ランニングコストは最安だと思います。
ただし、照射面積は他機種と比べて狭いです。

美顔機能は付いていません。
レーザー美顔器が姉妹品として別に売られています。

公式サイトはこちら

センスエピ

公式サイトへ>>>

センスエピはイスラエルで開発された「ホーム・パルス・ライト」という方式を採用しています。
光と音で毛根にダメージを与える方式です。

脱毛機能のみに特化しており、美顔機能は有りません。
その分、本体価格は安いです。

公式サイトはこちら

ノーノーヘア スマートエクストラ

公式サイトへ>>>

ノーノーヘアはサーミコン方式(熱線方式)です。熱エネルギーでムダ毛を焼ききる方式で、除毛クリームやカミソリよりもお肌に優しいのが特徴。

ノーノーヘア スマートエクストラは、顔にも使える新型です。
上記の製品と違って毛根は処理されないので再び生えてきますが、持ち運びに便利な携帯電話程度の小さなサイズなので、旅先に持っていくのに重宝します。

公式サイトはこちら

 - 脱毛器 , ,